HOME | assessment | 無料査定ご案内

大切な不動産、適正な価値をご存知ですか?

住宅ローンが残っていても、住宅の売却は可能です。

中古住宅に関しての問い合わせは年々増えています。
最近では20歳代の方でも中古住宅の購入を検討される方が多数いらっしゃいます。
「頑張って新築を建てるよりも、余力を持って中古住宅!」
「中古住宅を自分の好きなようにリノベーションしたい!」
その様な考えを持たれた方々が、お家との出会いを期待されています。
建築年数が経過した住宅をお持ちの方はよく「土地しか価値がない」と思われていますが、経年劣化が進んだ家でも更地より売却しやすいことがあります。
市場はストック型になってきました。まずはご自身の資産の価値を知ってみませんか?

人生で最大の買い物=住宅。
日本における住宅に対する考え方は「一度購入すれば生涯住み続けるもの」と考えられてきました。
これまで日本では、2世帯同居・3世帯同居の家庭も多く、住宅が家庭の求心力でありました。
現在の日本では核家族化が進んでいますが、勤務形態の変化など理由は多岐に渡ると考えられます。
転勤族の方以外でも職を求めて住み慣れた地区を離れる方が増えたように感じます。
就職で生家を離れたご子息は、就職先で生活の基盤を築かれますので、定年退職後に故郷へUターンすることは現実的に厳しいようです。
ご両親が住まなくなった空家の売却(相続関係)だけでなく、住宅ローンの返済が重荷となり住まいを売却される方、転勤に伴い不動産売却される方、ライフスタイルの変化(戸建てからマンション等)から不動産を売却される方まで、皆様それぞれのご事情で不動産売却を検討されます。